詩や短歌の指導

スポンサードリンク

詩や短歌の指導

ここでは詩や短歌の指導についてまとめてみます。
詩,短歌,指導

 

 

本来であれば

 

詩と短歌は別々に論じなければいけない文学作品ですが

 

少ない文字数にのせた思いを読んでいる

 

という点で強引に一つにしてしまいました。

 

強い思い入れがある方がいらっしゃったらすみません…。

 

 

 

教科書教材として掲載されている詩について

 

先生方はどのような指導をされているでしょうか?

 

私は

 

詩を音読させ

 

詩をノートに視写させ

 

そして作者の意図を考えさせたり説明したり・・・。

 

 

 

こんな授業をしてきました。

 

つまらない授業ですよね…。

 

 

 

短歌についても同じような感じです。

 

音読させ、視写させ、分からないところは説明する…。

 

全く身に付けさせたい力について明確にしていなかったと反省しました。

 

 

 

そんな時

 

地区の国語の学力テストで詩の読解が平均より低いと発表があり

 

光栄なことに?その分析と授業公開を命ぜられました。

 

 

 

苦手な短文指導…。

 

でも逃げるわけにはいきません。

 

これを機会に少し勉強してみようと

 

快く?引き受けました。

 

 

 

テストのテキストや問題は

 

著作権の関係でここに載せるわけにはいかないのですが

 

必要な国語の学力として

 

詩の読解(やはり問題は結構難しかった…。)が

 

学力テストに盛り込まれている限り

 

授業では詩の読解力を身につけさせる必要があります。

 

 

 

ところで詩はいったい文学としてどのような枠割を果たしているのでしょう?

 

他の文学作品や美術作品と同様

 

作者の思いが込められている作品だということを

 

忘れてはいけないことに気づきました。

 

作者のテクニックや

 

効果的な書き方を指導するにも

 

作者の思いと結び付けなければ

 

詩の指導にはならないのではないかと思いました。

 

 

 

そこで命ぜられた公開授業では

 

作者の思いを読み取ること

 

そして思い切って

 

短歌の指導を通して

 

詩の読解力にもつながるように

 

指導案を組み立ててみました。

 

どうしても少ない時数での指導になりますので

 

詩も短歌もと詰めてしまいましたが

 

本時の授業では

 

子ども達は

 

啄木の境遇や思いについて考えていました。

 

これをこれからも継続できるようにしていきたいと思っています。

 

短歌の指導案はコチラ

 

短歌の指導 全体構造はコチラ

PR

関連ページ

国語の教材解釈と教材分析はどう違う?
国語の指導では、教材解釈と教材分析は別物です。「教材解釈」を授業する先生方が多いのは気のせいでしょうか?
国語指導では叙述や言葉にこだわる!
国語の指導では、言葉にこだわることが大切だと思っています。教師がそこを大切にしなければ、子ども達は叙述を大切に考えません。
きつねのおきゃくさま 指導案 2年生
2年生の国語「きつねのおきゃくさま」の指導案です。参考になれば幸いです。
川とノリオ 指導案 6年生
川とノリオの指導案や指導観について書きました。心情などが比喩表現や暗示的表現で多数表現されていますので、そこが指導のポイントかなと思います。
一つの花 指導案 4年生
一つの花の指導案について書きました。
人類よ、宇宙人になれ 指導案 6年生
人類よ、宇宙人になれは
ディベート 指導案 5年生話すこと聞くこと
どちらを選びますかはディベート形式の話すこと聞くこと教材です。話し合いを深めるには事前の指導が重要です。
お母さんの木 群読台本
鈴木京香さん主演で映画にもなった「お母さんの木」を群読台本にしました。戦争教材として力のある物語だと思っています。
小学校国語 オススメ教育書
小学校国語のオススメ図書を紹介します。

理想の将来をお子様に

よく読まれています!