きつねのおきゃくさま 指導案 2年生

スポンサードリンク

きつねのおきゃくさま 指導案 2年生

この教材も個人的に大好きです。

 

娘が3才の時に読み聞かせしてあげて

 

私が泣きました…(笑)

きつねのおきゃくさま (創作えほん)

 

 

 

 

愛する者のために自分を犠牲にしてまで守っている

 

きつねのその気持ちの強さが心に響きます。

 

 

 

下心のあるきつねを少しも疑わない純真無垢な心を持ったひよこは、

 

フェデェリコ・フェリーニ監督のイタリア映画「道」に出てくる

 

ジェルソミーナを彷彿とさせます。

道 Blu-ray

(元フィギュアスケート選手橋大輔さんがオリンピックで使用した曲がテーマ曲です。)

 

 

この映画に出てくる殺人を犯したザンパノという

 

野獣のような男でさえ

 

ジェルソミーナを失った時は悲しみに打ちひしがれる…。

 

 

 

人は信頼されたり

 

愛されたりした時には

 

心の底から変わることができる。

 

そして、

 

自分でも信じられないような勇気が出てしまう。

 

それが伝わり

 

きつねの行動に涙が出てしまうんだなぁ。

 

 

 

「きつねのおきゃくさま」を指導する際に難しいのは

 

「きつねは はずかしそうに わらって しんだ」

 

をどうやって読ませるか

 

ではないでしょうか。

 

 

 

ここを正確に読ませるには

 

これ以前の叙述に沿った読みが大切になってくると思っています。

 

 

特に

 

ひよこ達に対する「きつねの心情の変容」

 

です。

 

これがしっかり押さえられていないと

 

子ども達は迷います。

 

なぜなら

 

「まるまる太ってきたぜ」

 

という表現が

 

おおかみが出てくる直前まであるからです。

 

 

 

きつねがひよこ達をまだ

 

「食べたい」

 

という気持ちを持っていたことは

 

説明しなくても子ども達も分かります。

 

読解指導を難しくしてるのは

 

「きつねおにいちゃん」の気持ちが

 

最初からは大きく変わっていることが

 

子ども達には分かりづらいからではないかと考えています。

 

 

また、

 

○「いや まだいるぞ。きつねが いるぞ」はきつねのセリフだということ

 

○きつねはおおかみを無事追い払ったということ
 (きつねは傷ついたので負けたと思っている子も多くいる)

 

○おおかみと戦ってから死ぬまでに結構時間があったこと

 

 

これらもしっかり押さえたいと思います。

 

 

 

 

特に

 

はずかしそうにわらってしんだのは

 

「そのばん」

 

です。

 

おおかみと戦ってから死ぬまでに

 

結構な時間があります。

 

ここを子ども達に考えさせると

 

なぜ「はずかしそうにわらってしんだ」のか

 

読み取ることができるのではないでしょうか。

 

 

 

おおかみと戦って傷つき

 

死にそうなきつねを見たひよこ達の気持ちを考えさせます。

 

自由な発想ができますし、

 

何よりも

 

ピントのずれた発言はほとんど出ません。

 

「きつねおにいちゃんのおかげで助かったよ」

 

「きつねお兄ちゃん死なないで」

 

「またきつねお兄ちゃんと一緒に暮らしたい」

 

このような発表が出るはずです。

 

児童からのこれらの発表を踏まえた上で

 

「はずかしそうにわらってしんだ」

 

についてじっくり考えていけば

 

点と点がつながるように思います。

 

 

きつねのおきゃくさま 指導案はこちらです

PR

関連ページ

国語の教材解釈と教材分析はどう違う?
国語の指導では、教材解釈と教材分析は別物です。「教材解釈」を授業する先生方が多いのは気のせいでしょうか?
国語指導では叙述や言葉にこだわる!
国語の指導では、言葉にこだわることが大切だと思っています。教師がそこを大切にしなければ、子ども達は叙述を大切に考えません。
川とノリオ 指導案 6年生
川とノリオの指導案や指導観について書きました。心情などが比喩表現や暗示的表現で多数表現されていますので、そこが指導のポイントかなと思います。
一つの花 指導案 4年生
一つの花の指導案について書きました。
人類よ、宇宙人になれ 指導案 6年生
人類よ、宇宙人になれは
ディベート 指導案 5年生話すこと聞くこと
どちらを選びますかはディベート形式の話すこと聞くこと教材です。話し合いを深めるには事前の指導が重要です。
詩や短歌の指導
詩や短歌を指導する際に気を付けている点や身に付けさせたい学力について書いています。
お母さんの木 群読台本
鈴木京香さん主演で映画にもなった「お母さんの木」を群読台本にしました。戦争教材として力のある物語だと思っています。
小学校国語 オススメ教育書
小学校国語のオススメ図書を紹介します。

理想の将来をお子様に

よく読まれています!